家事

育児中の「朝時間」を充実させる前日の過ごし方

充実した朝を過ごせるかどうかは「前の日の夜」にかかっています。前日の夜の行動が、次の日の朝を決めるということです。

 

子どもの成長によっても、旦那様の帰宅の時間、専業主婦なのか兼業主婦なのかで生活パターンは変わってきます。できる範囲で今の生活にあった「前日の夜の過ごし方」を探ってみてください。

 

育児中の家事は「努力や根性」より4つの工夫

「その日の家事はその日のうちに」できればいいですよね。朝起きて部屋がきれいだと気持ちいいです。キッチンがきれいだとすぐに朝ごはんやお弁当作りに取り掛かれます。けど「育児中」は授乳あり、夜泣きありです。日中は子ども中心でストレスも溜まるでしょう。睡眠時間も十分にとれないこともあります。

 

検索すると、家事を終わらすための方法がたくさん書いてあります。「家族が寝静まってから」「食事が終わったらノンストップ」「こどもが昼寝をしている間に」…とか結構キビしいことがたくさん出てきます^^; けど育児は「努力や根性」では楽しくないし続きません。育児をしながら家事をこなすために必要なことは次の4つです。

 

  1. 睡眠時間を確保する
  2. ひとりの時間をつくる
  3. 楽しく家事ができる工夫をする
  4. モノを減らす

 

 

残った家事を翌朝に持ちこして「睡眠時間を確保」

睡眠時間は「朝に持ち越して確保」しましょう。「睡眠時間の確保」これはとても大事です。イライラ予防に、効率を上げるためにできるだ眠ってください。私は子どもが2歳頃まで「翌朝に家事をする」生活をしていました。それまで「その日の家事はその日のうちに」を目標に、眠る直前までがんばってやっていたのですが、実際はすべての家事が終わるのは数日に1回でした。

 

この状況を変えたいと記事を読みあさっていたとき「すべて朝に持ち越す」という記事を読みました。夜中は夜泣きや授乳で何度も起こされます。夜泣きがあまりにひどい日は外に散歩に出る日もありました。「朝に持ち越す」を実際やってみて気づいたのは「これまでの睡眠時間は絶対に足りていない」ということでした。

 

そんな翌朝も眠ったことで気力は回復するので前日に残った家事を一気に片付けることができます。クリアな頭で行動すれば少しずつ改善できます。焦ってはダメです。育児はまだまだこれからです。

 

夜の家事を少しずつ増やして「朝のひとり時間」をつくる

はじめは「ほとんどの家事を翌日に持ち越す」ことにしました。すると「夜にやっておいた方が朝楽になる家事」が見えてきます。それを前日の夜にやることにして少しずつ「朝家事」の効率をあげていきました。

  • 炊飯タイマー
  • お茶を沸かして冷ましておく
  • 製氷機をセット
  • 洗い物がある時は水につけておく

 

 

「朝の勢い」をつけるための家事を用意して目覚める

朝のために「好きな家事」を準備しておくと「勢い」がつくのでおすすめです。この作業を目覚ましとして使います。選ぶポイントは必ず好きな家事、慣れた家事を選ぶことです。

 

家計簿をつける、洗濯をする、トイレそうじをする、アイロンをかける、これらは私にとってちょっとハードルが高いです^^; 私があさイチでやる家事を紹介します。寝ぼけながらでもできる5~10分程度の家事を選んでいます。

  • (夜)食器を洗って乾燥させておいて(朝)お皿を拭いて食器棚にしまう
  • (夜)洗濯物をたたまずにおいて(朝)たたむ
  • (夜)食器を漬け込んでおいて(朝)食器を洗う

 

モノを減らす基準は「前倒し」できるモノの量

いくら効率を上げたって、いくら家事を楽しくしたって1日は24時間です。やりたいことがたくさんある人にとっては時間はいくらあっても嬉しいものです。

 

読書を復活させて「なんでも前倒し」という言葉に惹かれるようになりました。けど「やってみよう」と思えるようになったのは「ときめきの片づけ」や「ミニマリスト」の本を読んでモノを減らすメリットを実感してからでした。

 

「前倒し」できるくらいのモノの量ってどれくらいでしょう。前倒しの反対「後回し先送り」しなくてもできる量です。「さっと片付けができる量」までモノを減らすと家事の時間は激減してとても楽になります。

我が家は、食器は1/3に、バスタオルも半分になりました。布団は敷布団入れて7枚から3枚になり畳む時間、干す時間、毛玉を取る時間も半減しました。各家庭、適量ってのがあるので正解はありません。モノを減らすことでわかってきます。

 

例えば、、、

ちゃんと定期的に洗濯しているのに、バスタオルがベランダに干せない量なら多いです。

洗ってない食器がたくさんあるのに、まだ食器棚にキレイなお皿がたくさんあるのも多いです。

「なんでこんなにたたむ布団があるの?」って感じたら多いです

 

 

 

確保した「こころと時間の余裕」は自分のために使う

夜に「最低限これだけはする」家事をやって睡眠時間を確保。朝は「勢いをつける家事」をやって1日をスタートさせる。そんな生活を送っていると少しずつ心や時間に余裕が出てきます。

 

がんばって作った「心と時間の余裕」何に使いますか?家事をがんばってできた時間を「家事」に使えば、また次に余裕ができても「家事」に使ってしまい結果「家事」で1日が終わることになります。たとえ5分でも「家事以外のこと」に使ってください。

 

私は「趣味の読書」を復活させました。とくに家事の本、片付けの本、ビジネス書を読むようになりました。こんまりさんの「ときめきの片付け」に出会い、「ミニマリスト」という言葉に出会い、家事の効率に拍車がかかりました。

 

あわせて読みたい
主婦が「自分の時間」を手に入れる方法主婦の「自分の時間」は自分でつくる! 主婦にとって「自分の時間」はとっても大事です。 とくに小さい子供がいると、...

 

こんな記事もおすすめ