ミニマリスト

壊れる汚れる容器は「既製品」をそのまま使う

「同じものを並べたい願望」を叶えようとすると「中身と詰替えボトル」をセットで買うことになります。壊れたり汚れたりすると同じ容器を探すことになるのですが、廃盤だったり売り切れたりと手に入らないことがよくありました。なので必ず手に入る「既製品」を使うことにしました。(※今は重曹とクエン酸は粉で保管しています)

 

スプレー容器「既製品」を使う

特にスプレーの容器はすぐに買い直せる「既製品」をおすすめします。本体を買えば中身もついてくるので無駄なお金を使うことなく節約にもなります。

今使っているのは、アルコールは詰替も便利なフマキラー、キッチン泡ブリーチは近所にあるスーパーのプライベートブランドのキッチンブリーチです。分かるように在庫はラベル剥がしてません。

 

【追記】ハンドルの戻りが悪くなってきたら

ハンドルの戻りが悪くなってきたので買い替えました。行きつけのスーパーのブランド品が引っ越しで手に入らなくなったのでブランドチェンジです。まだ残量あるけどお店の開店セールで特価だったので買いました。(↑のグリーンのキッチンブリーチです)これからはしばらく「花王のキッチン泡ハイター」になります。容器の切り替えのタイミングで他のブランドを試すのも楽しいです。

 

 

既成品は「廃盤・売り切れ・取扱なし」も回避できる

揃えた「スプレー容器」を手放して「既成品」にしたら管理が楽になりました。今まで「もっと使いやすいスプレーの容器はないかとか、もっとシンプルなデザインのモノないかな、ちゃんと立ってくれる容器はないかな」と100均や雑貨屋をのぞいていました。

あと、Amazonや楽天のレビューを参考にすることもあったのですが、それも無くなりました。どっちのお店でも気に入ったボトルは見つかるのですが、イザ買い足そうとお店に行くと「取り扱いがない、廃盤、売り切れ」になります。その点、既成品の本体ボトルにすればこの悩みはなくなります。

 

「既成品スプレー」でリニューアルも楽しむ

既成品のいいところはその商品がある限りいつでも買えること。どんな時もボトルごと買い換えればいいんです。壊れても、取れない汚れがついたときも、長年使ったくすんだ汚れだって買い直せはもと通りです。

デザインが変わるタイミングで買い直すのもいいです。液漏れがしなくなったり、ボトルの形状が変わって使いやすく改良されてたりします。季節が変わると期間限定ボトルが出たり、リニューアルも楽しめます。気に入らなければラベルを剥がせばいいだけです(^^)

 

食器洗剤のボトルは「JOY」のラベルを剥がして使う

食器洗剤の容器は「JOYの既成品」を使っています。ラベルをはがせば真っ白でシンプルです。柔らかさといい、サイズといいちょうど良くて気に入ってます。軽くなるとグラつくのがちょっと悩みです。

 

セリアの洗剤容器でグラつきを解消

(右)長年使っていたJOY容器(190ml)がボコボコになってきたので買い換えることにしました。この容器の欠点なは軽くなるとグラつくところでした。セリアで底がしっかりしたこの容器を見つけて思わず買ってしまいました。

(左)このセリアの食器洗剤は(250ml)でJOYより大きいので詰め替える回数は減りそうです。しばらく使ってみて追記します。

 

【追記】思ったとおりグラつきが無くなりました。握りやすさは少し柔らかいJOYの方がいいです。長く使えば柔らかくなるかもしれませんが、詰替る回数も減るし、総合的に買い換えて正解でした。握りやすさと底がしっかりした容器を見つけたらまた試したいです。

 

↓オールインワンも既製品の本体に詰替ました

あわせて読みたい
オールインワンの詰替容器にもう悩まない オールインワンジェルを詰め替える容器に試行錯誤していましたが「本体」に落ち着きました^^;(容器の形状はジャータイプ) 経過を順...
こんな記事もおすすめ