カフェ

カフェで使える静かなデジタルタイマーを購入

カフェで使える静かな「タイマー」を買いました。カフェが大好きでいつもあっという間に時間が過ぎてしまいます。没頭するのもいいのですが「できればいろんなことを片付けたい」と思いデジタルタイマーを購入ました。

カフェで使える「音が鳴らないタイマー」

購入したタイマーはこちら。カフェで使うタイマーは「無音」が一番!このタイマーは以前旦那が「音量小」で使っていました。静かに勉強するには良い音量だったみたいです。冷蔵庫に貼るタイマーしか興味なかったので「ふーん」って感じでした。これには「無音」機能があることを知って使ってみたらなかなか良かったんです。カフェで快適に使えました(^^)

 

図書館や自習室では使えない

旦那が半年ほど使っていたのですが、そのうち「カチカチ音が気になる」とイライラしはじめボタンが押しにくいと言い出し壊してしまいました^^;「操作音も静かじゃないと嫌」って方には向かないようです。

あとはカフェとかちょっとガヤガヤした場所なら使えますが図書館や自習室では音が響きます。私は静かすぎる場所での勉強は苦手なので問題ないのですが、静かにしないといけない場所では使わない方がいいかもしれません。

 

操作音もカフェで鳴ると困る

いつもキッチンで使っているこのタイマー(タニタ)は持ち歩くことができません。持ち歩くとカバンの中で「ピピ」となったり、勝手にカウントダウンされて鳴りますし^^;なのでカフェ用にタイマーを買うことになりました。設定音するときの操作音だろうと、お知らせ音だろうとカフェタイマーに求めることは「ピピって鳴らないこと」です。

 

設定音だけ気になるなら

「設定音っている?」って思った時期があります。押す回数だけ鳴るから結構うるさいんですよね…。設定音だけが鳴らないないタイマーならこんなのもあります。こちらはアラーム音は鳴るのでカフェ向きではないです。設定音が気になる方にはおすすめです。

色は3種類(赤・白・黒)10キーで時間を設定して大きなボタン(スタート)を押して小さなボタン(ストップ)で止める。設定は0に戻ってしまいます。

 

カフェ用デジタルタイマーに「XXERTイグザート」

今回購入した「イグザードのデジタルタイマー」は、読書や勉強用です。時計代わりにスマホを使っていたのですが、いろんなことが中断してしまうので脱線予防のためにタイマーを購入することにしました。

↓これを避けたくて購入しました。

  • 今何時かな→スマホ→通知確認
  • 30分集中アラーム→スマホ→LINE返信
  • 何分かかるかな計測→スマホ→インスタ

スマホは何でもできて便利だけど、機能を使う度、スマホの通知がなる度、時間を確認する度に集中力が途切れて脱線してしまいます。

 

 

カフェタイマーの条件(と購入した理由)

  1. 音量が調整できる(大・小・ライトでお知らせ
  2. 操作音(ピピッ)がなくて静か(カチカチ音はします)
  3. カウントダウン機能(時間を忘れて没頭防止)
  4. カウントアップ機能(どれくらい集中できたかを測りたい)
  5. スタンド付き・シンプルな白

 

 

タイマーが重いのかマグネットの磁力が弱いのか

「冷蔵庫に貼れるタイマー」以外興味ないと除外していたこのタイマーにも小さいマグネットが2つあります。

この厚みのせいもあって重さは(電池入87g)とちょっと重いです。電池の重さを考えてずの設定なのかマグネットの磁力が弱過ぎなのか。冷蔵庫に貼るとずり落ちます。キレイに立つのでやっぱりデスクに置く勉強用だなという印象。

左のTANITAのキッチンタイマー(電池入77g)はしっかり冷蔵庫に張り付きます。10gしか変わらないのにな…マグネットの面積と磁力の差かな。冷蔵庫に貼るなら100均で強力磁石を別に購入する必要があります。

 

【追記】薄くてコンパクトなタイマー買いました

光でお知らせしてくれて、冷蔵庫にも貼れるタイマー買いました。薄いので冷蔵庫に貼ってもグラグラせずに安定します。カフェにも持っていけます!

 

タイマーとストップウオッチで時間を管理する

腕時計を持っていない私。時間を確認するのはいつもスマホでした。スマホをつい見てしまうのを防ぐために、一応カフェにはアナログ時計を持参。シンプル重視で機能はまったくありません。けど…結局、時間しかわからないからスマホ見てしまうんですよね^^; カウントダウン機能ってやっぱ必要!

とゆうわけで、カウントダウン機能を調べていたら「ストップウォッチ」が気になって買ってしまった話です。

「ストップウォッチ」で作業時間を測る

何にどれだけの時間がかかっているかを知るために「ストップウォッチ」も買いました。ポケットに入れておけばいつでも計測できます。まずはこの辺測ってみます。

  • 仕事の作業時間
  • 通勤時間
  • ネットスーパー注文時間(最近かかりすぎてる^^;)
  • 家事のひとつひとつの作業

 

ストップウォッチとデジタルタイマーを使い分け

「ストップウォッチ」が便利すぎて楽しくてカフェでも使いそうです。ストップウォッチとデジタルタイマーの使い分けをしないと。歩きながら使えるのはストップウォッチだし。

  • 時間を測る(カウントアップ)→ストップウォッチ
  • 期限決める(カウントダウン)→デジタルタイマー

↑レビューにもありますがホワイトに見えますが「シルバー」でした。

 

時間管理や勉強法で気になるアイテム

↑勉強法で検索していくとよく出てくる手のひらサイズのタイマー。

↑ストップウォッチ勉強法を探していて気になった本。

↑これ読みたかったのだけど高すぎる。安く見つけたら購入しよう。