美容と健康

スティックの「ノーズミント」で集中力アップ

「アロマで生活を整えよう」とアロマを取り入れています。ペパーミントが苦手でミントを使う機会が減っていたのですが「ノーズミント」を買って改善しました。私のミントのアロマに求めることは3つ。

  1. 朝スッキリ目覚める
  2. PC作業、読書や勉強の集中力を上げる
  3. 気分転換・切り替え

ノーズミントの良いところは①補充式なこと(長持ち)②スティックタイプ(キャップを取ってすぐ使える)なことです。3本購入したのでそれぞれの置き場所と使い方を紹介します。

↓以前の「アロマ記事」です

あわせて読みたい
集中とリラックス「効率重視」のアロマ選び1日は24時間です。できることは限られるのにやりたいことは無限です。たくさんのことを片づけるには「切り替え」と「区切る」ことがとても大切...

 

シーン別「ノーズミント」の使い方

私はもともとミントの香りがあまり好きでなく(ミントで好きなのはチョコミントくらい)なので率先して「嗅ごう!」とは思えませんでした。代わりに朝は「グレープフルーツ」で目を覚ますようになってました。ブレンドしたミントも検討しましたがどれもイマイチ。そんな時タイのお土産で人気のミント「ヤードム」に日本版があるのを知りました。

 

朝はノーズミントで目を覚ます

↑枕元セットのアロマ(移動式)

ノーズミントを買うまで、寝ぼけながらペパーミントのフタを開けるのがとても面倒でしたが、ノーズミントはリップのように開けて吸うだけなのでとってもスムーズです。ちなみに枕元のボックスに入っているアロマは3種類(このボッスクは移動式で起きたらPC前に移動します)

  1. ノーズミント
  2. 眠る時用のラベンダー
  3. 気分転換の「グレープフルーツ」

 

パソコン前の「ノーズミント」で集中力アップ

↑スタンディングデスク仕様

やっぱり集中したい、疲れを取りたい場所といえばパソコン前でしょう!考えながら自然に「ノーズミント」に手が伸びます。煮詰まったとき、次の作業に取り掛かるとき、気分転換に活躍します。

 

カフェや図書館に「ノーズミント」

大好きなカフェや図書館に持って行きます。カフェの席に着いたらまず「ノーズミント」を吸って気分を勉強モードに切り替えます。ふと目に入るところに立てておきます。使うタイミングはパソコン作業とほぼ同じです。

「集中できない!」と焦ったり、「頑張ろう!」と意気込み過ぎて空回りしたまま時間がすぎることないですか?私はよくあります。「ノーズミント」は良い切り替えアイテムになります。

以前は「アロマストーン」や小さいジップロックにアロマを染み込ませたティッシュを入れて持ち歩いていたのですが、ノーズミントに比べると手間がかかります。「シナモンスティック」は気分で持ち歩いてますが「基本ノーズミント1本」でOKになりました。

 

屋外でもポケットにバッグにノーズミント

屋外だけじゃなく「ノーズミント」は屋内でも大活躍です。幼稚園の送り迎えが終わった帰り道、自転車で買い物に行くとき、自転車でちょっと遠出するぞ!って時に使っています。

 

ノーズミントの補充ができない

さっそく匂いが薄くなってきたので補充しようとしたら「補充できない…」開くはずのフタも開かない。見よう見まねで何となく補充してみたけどまったく補充できません(吸うところに補充のボトルを逆さにしてしばらく放置したり)結局、調べて補充しました^^;パッケージに書いてたかなぁ。常識なのか…?^^;

真ん中でポキッと折るように開ける

 

全部で4つのパーツに分かれているのですが、真ん中はネジ式ではないので回しても取れません!4つのパーツが全部ついてる状態で「ポキッ」と半分に折るように開けます。

するとこんな感じに2つになります。青いフタを取ると左の容器に補充できます。補充した後に、くっつけるのですがちょっと力が要ります。

 

タイのヤードムも買ってみた

これはタイのお土産で有名な「ヤードム」です。メーカーは日本版と同じ「POY-SIAN」ちょっと微妙に甘い香りがする気がします…といっても私は鼻が効かないのでどっちでもいいかな(^^)色が違っても香りは同じみたいです。

 

こんな記事もおすすめ