美容と健康

ポリフェノールたっぷりチョコレートとコーヒー

「チョコレート」に美容効果があると知って高カカオのチョコレートを食べはじめました。濃度が分かりやすいので明治の「チョコレート効果」の86%からカカオ生活をはじめました。他にも脳や健康にも良いということです。どうせ食べるならどんな効果があるのか、どんなチョコがあるのかを知りたいと調べることにしました。

カカオ豆とコーヒー豆の違い

ポリフェノールを調べていたら「カカオ豆とコーヒー豆の違い」をググっていました。同じとは思っていなかったのだけどカカオ豆を見たことがないのでどうしてもコーヒー豆とかぶります(^_^; ちなみにこれは「カカオ豆」です。

カカオ豆はチョコレートの原料

チョコレートやココアの原材料がカカオ豆です。カカオの木になる実を「カカオポッド」と言ってこの中に入っている種がカカオ豆(カカオビーン)です。カカオポッド1つに40~50粒くらい入っていて、これの種を乾燥させたり焙煎したり砕いて加工してチョコレートやココアになります。

 

 

コーヒー豆はコーヒーノキからできる(和名)

コーヒー豆はコーヒーノキにできます。もちろん和名。コーヒー豆は熟すると赤くなります(※黄色のままの種類も有る)

  1. 白い花が咲いて散る
  2. 小さい緑の実がなる
  3. 実の色が緑から黄色になる
  4. 実が赤くなる(完熟)

 

「コーヒー豆の形をしたお菓子」を昔高速道路のサービスエリアでよく買ってもらいました。苦いので少しずつ食べてました。コーヒー豆に似せたチョコレートだったのかな?10才くらいだったので思い出せません。こんど探してみよう。

 

抗酸化作用が強いポリフェノールを食品から摂る

「ポリフェノール」は5000種類以上あると言われていてほとんどの植物に入っています(光合成をするときに作り出される成分)ポリフェノールの他に有名なのはビタミンCやEも有名。カラダの酸化を抑えてくれるのでアンチエイジングにはかかせません。

 

ポリフェノールの効果

  • 血管が若返る(肩こり、頭痛、冷え性、血圧低下)
  • 脳の若返り(認知能力向上、注意力保持力)
  • 美肌効果(シワ改善、日焼け耐性UP、弾力UP、保湿力)
  • 健康(便秘解消、慢性疲労)
  • 精神の疲れ(ネガティブ減少、ストレス減少)
  • アレルギーの改善

 

ポリフェノールが含まれる食品

ポリフェノールが含まれる食品はたくさんありますのでイメージ程度に書き出しました。ポリフェノールのイメージ湧きますでしょうか。複数のポリフェノールが入っているものもありますが、わかりやすい方に分けました。この辺りがポリフェノールです。

  • カカオポリフェノール(チョコレート・ココア)
  • コーヒーポリフェノール/クロロゲン酸(コーヒー
  • アントシアニン(ブルーベリー・赤ワイン・りんご
  • カテキン(お茶・緑茶)
  • イソフラボン(大豆・豆類)
  • ルチン(ソバ・玉ねぎ)
  • フェルラ酸(玄米)
  • クルミン(カレー)
  • ショウガオール(生姜)

 

抗酸化能力がダントツなのは「カカオ」

抗酸化能力だけだとカカオが一番ですので「カカオ」は外せません。カカオポリフェノールは珈琲よりも赤ワインよりも緑茶よりも高いです。抗酸化能力順だと

  1. ダークチョコレート
  2. リンゴ
  3. 赤ワイン
  4. コーヒー

【↑写真追加しました】チョコレート効果からはじめたカカオ生活。今はリンツのチョコレートを食べています。99%は「効果のため!」と思って食べましたが続きませんでした(^_^;)美味しく食べたいです。1枚600円弱でパキパキ割れて量もわかりやすいです。

 

 

食生活に取り入れたい食品「りんご」

チョコとコーヒーに加えて私が食生活に取り入れたいと思っている食品はりんごです。りんごは3種類以上のポリフェノール(プロシアニジン・エピカテキン・アントシアニン)が摂れます。特に皮にたくさん含まれているので1日半分くらい食べるのもいいですね。

 

 

カカオ濃度が高いチョコを選ぶ

効果を確実に得たいなら、カカオ濃度が書いてあるチョコレートを選ぶこと。ビターチョコ、ブラックチョコと書いてあってもカカオの量はわかりません。

  • ダークチョコレート(ビターチョコ)は40~60%
  • 普通のチョコレートは30~40%
  • 高カカオのチョコレート70%

全ての効果を得るなら85%以上の高カカオチョコレートを摂りたい(最低でも80%以上)あとは高カカオチョコレートは脂質が普通のチョコレートの1.2~1.5倍含まれているので食べ過ぎに注意です。

 

高カカオの板チョコ(ダークチョコレート)

最近はずっとリンツのエクセレンス90%です。濃度は70・78・85・90・99とあります。できるだけ高い濃度のカカオを摂りたかったので99%から順番に試しました。私は90%で充分美味しかったので90%にしました。(85%は食べたことがありません)

濃度がわかりやすかったので「チョコレート効果」からはじめました。チョコレート効果の濃度は72・86・95です。95%よりエクセレンスの90%が好みだったので乗り換えました。

ポリポリおやつに「カカオニブ」

カカオ豆を砕いてチップ状にしたもの。カカオ胚乳(ニブ)の部分。シリアルや、ヨーグルト、アイスにかけたり、そのままポリポリおやつにしてもいい。

 

ココアパウダー(純ココア)

カカオニブを更に細かくパウダー状にしたもの。プロテインに入れたり、カレーに入れる。

こんな記事もおすすめ