家事

★「家事分担リスト」を作ってわかったこと

「家事分担リスト」をはじめて作りました。家事分担できる家庭ではないので、作ってもTODOリストになるだけと思っていましたが気づいたこともありました。

  1. 「家事だけリスト」を作ったことがないと気づいた
  2. 「無限エンドレスの家事」に終わりが見えた
  3. 「見える化」すると落ち着いて家事ができる

 

「家事だけのリスト」を作ったらなぜかスッキリ

自分のこと(早起き、美容、仕事…)子どものこと(幼稚園のこと、栄養、散歩…)家事のことを今まで同じ「することリスト」に入れていました。そりゃ無限になりますよね。すべてを混ぜてリストにしていたから「これで終わり」という感覚を覚えることなく生活していました。分けて考えること大事です。いろんな事情でワンオペ状態になってる方もいると思いますが…一度つくってみてください。

 

家事、実はある程度終わっていた

※週4日パート勤務・子ども1人(4才)幼稚園

フル勤務なら、子どもがもっとたくさん居たら…私には無理です^^; が!休みの日に息抜きをしながら、早起きして自分時間を確保しながら、寝る前の片付けまでをひとり悶々とこなし日々を送っていました。

こうやってリストにしてみると、次の日に持ち越すこともあるけどある程度終わっていることに気づきました。(家事に向いてない、要領が悪い、キャパが狭い…と言われながら^^; まぁ間違ってはいないけど)←だって自分の時間も欲しいもん

 

————★ 再 編 集 し て ま す ★————

リスト

リストを作るのが好きで、いろんなパターンでリストを作っているのですが今まで「家事だけのリスト」を作ったことがありませんでした。

これは以前作った【朝の目覚ましリスト】です。やれば目が覚めるので役目は十分果たしたリストではあります。が、これだと家事がどれだけあるかはわかりません。

【朝の目覚ましリスト】

  1. 布団たたむ(←自己管理能力があがるそうなので追加しました)
  2. トイレ
  3. うがい・歯磨き
  4. 洗顔、コンタクト
  5. 水分補給
  6. 朝家事(お弁当関係)
  7. 瞑想(←最近サボりがち)

 

 

 

こんな記事もおすすめ